ふっとぼーる三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS GTF CUP 2005 鹿島アントラーズvsマンチェスター・ユナイテッド

<<   作成日時 : 2007/02/06 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

欧州3連戦第2弾

 昨日の味スタに続き今日は国立へ。しかし、早くも楽しみ半減。ファン・ニステル
ローイ選手のみならずルーニー選手までもがベンチスタート・・・。こうなったら、
クリスチアーノ・ロナウド選手のキレキレドリブルに期待。

 ところが、やはり遠征の疲れなのか、マンチェスター・ユナイテッドは好く言えば
落ち着いてゆったりとした展開、悪く言えば緩慢な立ち上がり。アントラーズの
パスがつながる。そして5分。早くも試合が動く。青木選手からのフィードに本山
選手が走りこみ、左足ボレー炸裂!先制!さすがに、この展開は予想外だった
のか、マンチェスター・ユナイテッドのペースが上がる。2分後、待ってました!
クリスチャーノ・ロナウド選手がサイドを突破し、グラウンダーのパスを折り返すと、
そこにはライアン・ギグス選手が詰めいている。あっさりと同点。

 アントラーズも簡単には引き下がらない。この日は本山選手の日でしたね。
24分。またも起点になったのは青木選手。青木選手から小笠原選手へ渡った
ボールが本山選手のところに。再び左足からのシュート。この日2点目をゲット。
こうなると、マンチェスター・ユナイテッドも完全に本気モード。そりゃ興行とはいえ
負けに来た訳ではないのだから。ここから猛攻撃が始まる。クリスチャーノ・ロナウド
選手が見事な個人技を魅せ、ルイ・サア選手もゴールへの執念を見せる。更には、
後半から登場のルーニー選手もファン・ニステルローイ選手も存在感を発揮する。
そして最大のチャンスを掴んだのは我らがアジアの代表、朴智星選手。83分。
しかし朴智星選手がキーパーと1対1となる絶好の場面で放ったシュートはクロス
バーの上へ。この後、アントラーズが必死に守りヨーロッパ屈指の強豪から勝利を
もぎ取った。

 試合は、このような結果だったが、やはりマンチェスター・ユナイテッドの各選手が
コンディション不良の中でも随所に世界一流のプレーを魅せてくれたということで
それなりに満足できた試合でした。

日時;2005年7月28日(木)
場所;国立競技場
座席;カテゴリー1 メインスタンド 後段G列 36番

鹿島アントラーズ     マンチェスター・ユナイテッド
        2  前半  1
        0  後半  0
        2  合計  1
  <得点者>
    5 ; 本山(ア)
    7 ; ギグス(マ)
   24 ; 本山(ア)

   
鹿島アントラーズ
GK 曽ヶ端
DF 内田(阿部) 岩政 羽田 新井場
MF 青木 フェルナンド(増田) 小笠原 本山(石川)
FW 野沢(深井) 鈴木(金古)

マンチェスター・ユナイテッド
GK ハワード
DF ギャリー・ネヴィル(シルヴェストル) フィリップ・ネヴィル ファーディナンド 
   オシェイ(バーズリー)
MF クリスチャーノ・ロナウド(朴智星) クレベルソン ミラー(スミス) 
   ジョーンズ(ルーニー)
FW ルイ・サア(ファン・ニステルローイ) ギグス


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クリスティアーノ・ロナウド
バルサは絶対獲り行かなきゃ駄目だなユナイテッドは絶対残留させなきゃ駄目だな ...続きを見る
動画
2007/03/21 17:35
フェラガモ 通販
GTF CUP 2005 鹿島アントラーズvsマンチェスター・ユナイテッド ふっとぼーる三昧/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 通販
2013/07/04 06:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GTF CUP 2005 鹿島アントラーズvsマンチェスター・ユナイテッド ふっとぼーる三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる