ふっとぼーる三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS キリンチャレンジカップ2004 日本代表vsドイツ代表

<<   作成日時 : 2006/07/23 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はダメだわ。

翌年からワールドカップ最終戦を迎える日本代表の2004年最後の試合となったのは
ドイツ代表でした。そしてこのドイツ代表、GKカーン選手、MFバラック選手など思いの
ほかベストメンバーでの来日でした。対して、迎え撃つ日本代表は、DF陣に負傷者が
多いからという超後ろ向きな理由で4バックにするというのだ。

最初にチャンスをつかんだのは日本だった。10分に高原選手がヘディングシュートを
放つがワクを捕らえられい。2分後には、またも高原選手がゴールへ迫る。これとは
べつに私も乗ります。中盤右サイドでパスを受けた小笠原選手が、ゴール前の
スペースへラストパスを供給する。これに対し、走り込んだ高原選手。ところが徐々に
ドイツが目覚めてくる。バラック選手に2度の決定的チャンスを作られた。

何とか前半をスコアレスドローで凌げたが、後半開始直後の53分。ゴール左からの
直接フリーキックを、バラック選手が左スミへ蹴り込む。GK楢崎選手はきっちり反応
したが、こぼれ球をクローゼに押し込まれてしまった。そして69分、バラック選手に、
これぞバラック選手ともいうべき左足で切り返して右足でシュートする得意技から
追加点を奪われた。ここでジーコ監督は大久保選手、遠藤選手、三浦(淳)選手を
投入するなど積極的に動いた。しかしドイツは勝負ありと思われた終盤まで闘志を
剥き出しにしてきた。なんとロスタイム92分、シュバインシュタイガー選手のインター
セプトからアサモア選手がドリブルで突進し、最後はクローゼ選手がシュート。こう
いう失点は全くいらないだけど。

前半こそスコアレスドローでしたが、試合全般をみると力の差というか、やる気と
いうわけではないが、特に控え組みにとってはチャンスだったはずなのに、そういう
気概の感じられない残念な一戦でした。

日時;2004年12月16日(木)
場所;横浜国際総合競技場
座席;カテゴリー1 バック1階 E12入口 23列 243番

日本代表    ドイツ代表
   0  前半  0
   0  後半  3
   0  合計  3
  <得点者>
   53 ; クローゼ(ド)
   69 ; バラック(ド)
   92 ; クローゼ(ド)

日本代表
GK 楢崎
DF 加地 田中 茶野 三都主(西)
MF 福西 稲本(遠藤) 小笠原 藤田(三浦)
FW 鈴木(玉田) 高原(大久保)

ドイツ代表
GK カーン
DF オボモイエラ ベアンス メルテザッカー シュルツ
MF エルンスト(エンゲルハルト) シュナイダー(ボロウスキー) バラック
FW アザモア  クローゼ ポドルスキー(シュバインシュタイガー)


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キリンチャレンジカップ2004 日本代表vsドイツ代表 ふっとぼーる三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる