ふっとぼーる三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS 2002 FIFA World Cup KOREA/JAPAN カメルーン代表vsドイツ代表

<<   作成日時 : 2006/02/18 02:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

グループリーグ6試合の中でもっとも楽しみにしていた試合なのですが・・・。

しかし心配なことが1つ。試合会場が静岡で、キックオフが20:30。ということは、会社が
終わってから出発してもキックオフには間に合うが、帰りはどうなるんだろう。

わざわざ平日に頑張って静岡まで行きましたが、試合はちょっと残念な内容でした。
この試合、勝ち点と得失点差を考えるとカメルーンは勝つしかないという状況でしたの
ですが、そのせいかどうか分かりませんが、前半から何度となくドイツゴールに襲い
かかりました。一方、ドイツはツィーゲ選手のフリーキックなどで反撃する。しかし
この試合、8分のフォエ選手に始まり、何とイエローカードの多いことか!40分ついに
退場者が!37分に1枚目のイエローを受けていたラメロウ選手が2枚目のイエロー。
早くも、数的不利に陥ることとなった。カメルーンとしてはチャンスのはずでしたが、
相手はドイツ。こういう状況になって、かえって真価を発揮することになるのでした。
50分、交代出場のボーデ選手が、更にスフォー選手がやはり2枚目のイエローで
退場となり10人対10人になった直後の79分、今度はクローゼ選手がトドメの1発。
両チーム8枚ずつ計16枚ものイエローカードが飛び交う状況で、次第に苛立ち始めた
カメルーンは自滅し、持ち前のゲルマン魂と、それでいて冷静に試合を運べたドイツ
との差。貫録勝ちといったところでしょうか。

ところでこの試合、何が残念だったかというと・・・
 @イエローカード出しすぎ!
   →どうでもいいファールにまでイエローを出すから試合がつまらなくなります。
    審判にとってもワールドカップは晴れ舞台なので気合が入るのでしょうが、
    こういう形で審判が目立ってはいけません。
 Aカメルーン敗退!
   →この試合に負けたという意味と、グループステージ敗退決定という両方の
    意味で。
 B静岡は遠かった!
   →残念というと少々語弊がありますが、試合終了が22:30前くらい。それから
    シャトルバス(立ち席)で掛川に出て、何十分か待たされて、ようやく新幹線
    に乗ることができ、家に帰ったのは日付が変わってからでした。分かっていた
    こととはいえ疲れました。

 さあ10日後もう一度静岡だ。準々決勝にコマを進めてくるのは果たして?

日時;2002年6月11日(火)
場所;静岡スタジアム エコパ
座席;カテゴリー1 1階 E12 21列 48番

グループE
マッチナンバー35

 Cameroon     Germany
     0  前半  0
     0  後半  2
     0  合計  2
 <Goals Scored>
   50 ; BODE Marco (GER)
   79 ; KLOSE Miroslav (GER)

Cameroon
GK ALIOUM
DF TCHATO(SUFFO) SONG KALLA
MF LAUREN FOE WOME GEREMI  OLEMBE(NGOM KOME)
FW ETOO MBOMA(JOB)

Germany
GK KAHN
DF LINKE RAMELOW METZELDER
MF ZIEGE HAMANN BALLACK SCHNEIDER FRINGS
FW JANCKER KLOSE Torsten


画像



FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD 総集編
FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD 総集編

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドイツのネタ
ドイツのネタを追いかけるヨ! ...続きを見る
ネタ蔵
2006/02/18 04:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2002 FIFA World Cup KOREA/JAPAN カメルーン代表vsドイツ代表 ふっとぼーる三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる